単語カードシステムのボキャビルダーで表示するカードの枚数

カード枚数のグループ設定

英単語フラッシュカードで効率的に暗記する方法

ボキャビルダーは、単語カードが一定数の連続グループになって表示され、グループとグループの間では一休みできるようになっていますよね。

 

実はこの一休みの間に、単語カードシステムは「よく間違える単語」を識別しているんです。

 

だから1回目のグループで間違えた語彙は、2回目のグループでも表示されることがほとんどです。

 

私が体験した感覚でいうと、

 

×10枚、30枚セットだと間違えた語彙を”短期的に”記憶しているが、時間が経つと忘れている

 

×100枚セットだと時間が空きすぎて、間違えた語彙を忘れている

 

◎50枚セットだと間違えた語彙をベストなタイミングで思い出せる

 

という結果になりました!

 

勉強方法は何でも「あう/あわない」があるから、すべてのパターンで試してみることがオススメです。

 

 

いかがでしたか?

 

ボキャビルダーでは、学習の効率をよくするためにさまざまな機能があります。

 

1セット当たりの出題単語カード枚数以外にも、「追加カード枚数」や「ビジネス英語or受験英語の選択」、「語彙力レベル」設定など、自分に合わせて勉強できます。

 

色々な機能を活用し、語学力をどんどんあげていきましょう!